株式会社遠藤商店|産業廃棄物中間処理業|塗料処理|塗料廃棄|銅線買取|金属買取|東京都足立区|銅管|

qrcode.png
http://endo-shoten.co.jp/
見やすいスマホ版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
スマホサイトにアクセス!

 
株式会社遠藤商店
〒121-0061
東京都足立区花畑1-14-1
TEL.03-3883-6479
FAX.03-3885-6225
────────────
【収集運搬対象産業廃棄物】
■廃プラスチック類
■金属屑
■木屑

■紙屑
■繊維屑
■汚泥
■廃油
■動植物性残さ
■がれき類

ガラスコンクリート陶磁器
■廃アルカリ
■燃え殻
■廃酸
■ゴム屑
■鉱さい
■ばいじん
(石綿含む有産業廃棄物含)
[各都道府県により異なる]
【中間処理対象産業廃棄物】
■廃プラスチック類
■金属屑
■木屑
■紙屑
■繊維屑
ガラスコンクリート陶磁器
【中間処理方法】
■破砕
■圧縮
■切断
■分別
■廃塗料
■塗料処理
■フレコンバック
■トン袋
■土のう
■ガラ袋
■防草シート
■防炎シート
■防音シート
■ブルーシート
■車養生カバー
────────────
 

環境方針

 

1.基本理念

1.基本理念
 
株式会社遠藤商店 足立エコセンターは、人と環境に優しい企業として活動するなかで、地球温暖化、オゾン層破壊、生態系の破壊、天然資源の枯渇等の最d要改善課題の1つである事を認識する。そして、「使い捨て」や「大量消費」が当たり前になってしまった現在の社会状況を見直し、改善することに少しでも貢献するために、地球上の一企業として事業活動のあらゆる面で環境を配慮し、地球環境保全の一助となる行動を継続的改善に推進して行く。
当センターは、小さな地球環境保全活動の束が地球環境の保全に大きな影響を与えることを確信し、国際規格ISO14001に基づく環境マネジメントシステムを構築し、この環境経営方針を定めて環境経営の展開を図る。
 

2.基本方針

2.基本方針
 
次の基本方針に従って、当センターの基本理念の実現の行動指針を定める。
 
1)当センターの事業の独自性に対して適切な内容とする。
2)環境マネジメントシステムの継続的改善と汚染の予防をする。
3)当センターの環境経営に適用されるコンプライアンス(法的及びその他要求事項)を順守する。
4)環境経営目的・目標の設定、見直しができるよう具体的な行動内容とする。
5)文書化し、確実に展開できるように、全従業員の認識と理解を得るようにする。
6)経済効果と環境効果とかがバランスした事業活動・業務活動行う。
 

3.基本行動指針

3.基本行動指針
 

基本方針に基づき、次の具体的行動を事業上・財政上を考慮して適宣行う。

1)産業廃棄物(廃プラスチック類、木屑類、ガラス類、金属類、繊維屑類)の受入量を増加する。
2)産業廃棄物のリサイクル率を向上させる。
3)産業廃棄物の収集・運搬の効率化を図る
4)環境経営に係わるコンプライアンス(法律、条例、規則、所属団体の指針、業界の協定等)を順守する。
5)常に5Sを確実に配慮した業務活動を行なう。
6)地域社会の一員として、環境に配慮した日常行動や社会貢献活動に取り組む。

<<株式会社遠藤商店>> 〒121-0061 東京都足立区花畑1-14-1 TEL:03-3883-6479 FAX:03-3885-6225